Edition9

手持ちのヘッドホンの中でもっとも好きなヘッドホンなので最初にレビューしてみようと決めました。

※写真はツイッターにあげている物の使い回し。

僕がメインで聴く曲のジャンルはテクノや打ち込みが多く5割6割がそれと言っても良いくらいです。

特にハードコアテクノ(ガバが特に多い最近はミニマル、EDMも)は多く高校の頃はハードコアしか聴いていないくらいずっと聴いていました。

なんでこんな話から入ったと言うと、このEdition9はハードコアに強いヘッドホンとして憧れのヘッドホンだったのですよ!

正直ヘッドホンに十何万もかけるのは躊躇したんですが、ここ最近の勢いと言うか心の激流に流され購入してしまいました(購入自体は半年以上前)。

個人的にはこうゆう方向性でもっと良いものが欲しいなぁと思うんですけど、最近は平面駆動型が台頭してきて僕が好きな音傾向からズレてきていてやや悲しくもあります。

当のULTRASONEも最近は大人しい方向性の物を出していて、Edition15とかあれもあれで良いものでかなり欲しいんですが、テクノ、打ち込みスキーとしてはガッチガチな音の機種が欲しくなってしまいます。

平面駆動型か静電型も一つくらい手持ちに加えたいなと思い、お店に行き試聴して「この音の細かさは良いなぁ!欲しいなぁ!」と良さを毎回感じるも、「じゃあ、これで何聴くんだ?」と自問自答。

僕が買っても持ち腐れだなといつも購入を諦めてしまっています。

絵を描きながらいつも聴いているので軽さ(400g以下)とキレを両立した機種が欲しいです(VOCEとかKS-H4どうじゃろ?)

 

装着感=やや悪い~普通

※いつもつけているので個人的にかなり重要視しているポイントです。

快適と書いていたら僕は10時間以上、平気で装着していられるものです。

Edition9の普通は自分で色々、改善を加えた上での普通評価です。

具体的には4時間位なら平気、それ以上は側圧やムレが気になります。

ノーマルの状態では装着感は劣悪なのでその点、間違えないように。

まず悪い点として元にしているモデルがDJ用なのか側圧が強く耳が押しつぶされます、痛いです。

ヘッドバンドにエチオピアンシープスキンのクッションがついていますが、あんなの見た目だけです。

荷重が分散せず負荷が頭頂部に一点集中してかなり痛くなります、ハゲます。

以下に僕がやった改善法書きますが破損の恐れがあるのでオススメはしません、自己責任でお願いします。

 

まず側圧を緩めました、もう力ずくでバンドをグイッと曲げます。

緩めすぎると少し頭を揺らすだけでズレるので注意しましょう。

Edition9で聴いていると特にヘッドバンキングしたくなるのでw

適度な側圧が無いとすぐにズレて、ズレるのを気にしていると首の筋肉が緊張してしまうのか疲れます。

次に疑似AKG、HiFIMANのように渡しを作って頭頂部の負荷を分散させます(最上部の写真は改善法を実施している物です、クリックで拡大出来ます)

レザークラフトにハマっていた時がありラムレザーのハギレを巻いて作りました、大きめのジップロックいっぱいにハギレが詰まっていて2000円程度。

現在Edition9はディスコン機、もちろん僕も中古購入したので新品の状態がわかりませんが、

イヤーパッドが浅くそのままだと耳先がハウジングに当たり不快です。

パッドの内側に空間があるので熱帯魚用のエアチューブを内側に仕込み厚みを出しました。

ダメ押しにイヤーパッドのレザーが経年劣化でやや硬化し始めていたので数日間ホースオイルを塗り込んでしっとりモチモチの感触に戻しました。

僕は靴用の物が余っていたので使いましたがAmazonで購入しても約1000円、バックなど身の回りのレザー製品にも使えるので一つ持っていて損はないと思います。

 

音について

帯域バランスは低>高>中の弱ドンシャリ。

量感自体はほぼフラットに近いのですが硬く線の太い低音の質感が目立ち、そこから突き抜けてくる爽快な高音が気持ちの良い、洗練されたドンシャリバランスと言った印象。

響きは少なく明瞭で明るい音、解像度や分能感、定位感も良く基礎性能の高さを感じ、ボーカルも埋もれること無くクリアに聴こえます。

反面、音場感は不得手でULTRASONE社の特許技術S+Logicの効果も他機種より弱め。

ここら辺りは最新の機種にはやはり劣りますね、特に左右方向は窮屈です。

タッチの描き分けも余り上手くなくやや金属質、高音の伸びや、低音の沈み込みも最近の良く出来た高級機と比べると不足を感じます。

 

でもEdition9良さって性能の高さもよりも、独特な低音とそれに起因するノリの良さが魅力だと思います。

僕がよく聴くハードコアだとキックがソースに含まれていますが他機種では味わえない引き締まった低音の弾ける感覚が聴いていてとても気持ちいいです。

料理に例えると超豪華な材料で作ったハンバーガーのような、ちょっとアホっぽさジャンキー感がある大好きなヘッドホンです。

良いところをまとめると濃い音色に圧力、迫力のある低音、キレとスピード感、音数の多い曲でも捌き切る分能感の高さ、あと帯域バランスが意外とフラットなので思ったよりなんでもEdition9なりにノリ良く楽しく聴けますね。

打ち込みやアニソン適正が高く手持ちでも使用頻度の高いヘッドホンです。 

 

こうゆうのEdition9で聴くの好きですね。 

それではまた時間のある時に書いてみますー。

 

恐らく次は最近一番使っているヘッドホン。